ホームよくあるご質問

よくあるご質問

これですぐわかる散骨Q&A


代表の岡田です。散骨のついて何でもご質問してください。丁寧にお答えいたします。



Q 散骨は役所などの手続きが必要なのですか?

役所への届け出や手続きは特に必要ありません。
ただ一度、墓地や納骨堂に埋葬されているご遺骨を散骨する場合には、市区町村から「改葬許可書」を
取得してください。




Q 環境への影響はないのでしょうか?

ご遺骨の主成分はリン酸カルシュウムで、もともと自然界にあるものです。
環境に有害なものではありません。
海の生き物たちの自然のサイクルと同じで海へと還ります。
又 山の場合も同様で
す。自然に還り土になり最終的には木々

 に生まれ変わります
その様な意識が広がる事が故人様への思いのひとつになります。



Q 骨は全てまかなくてはいけないのでしょうか?

遺骨は全て撒くのではなく粉骨して遺灰の中から少しだけ
お手元
に残しておき
きれいな容器に入れ自宅で供養する方もいますので
一部を残されるのも選択のひとつです。
どのくらい散骨されるかは、ご遺族のお考えでお決めいただいています。



Q 粉骨は、どのようにするのですか?

 A御遺骨はそのまま散骨は出来ません
 散骨するには、お骨を粉骨にする必要があります。(粉骨)
2ミリ以下のパウダー状に加工し水に溶ける特別な袋に入れ散骨時にお持ちいたしております。

但し、湿ったご遺骨は粉骨できません。乾燥台にて長時間、温風乾燥いたします。やさしく隅から隅までキレイに乾燥させますので

時間がかかります。この場合は別途料金をやむえず、いただいております。ご承知下さい。

大切なご遺骨ですので直接ご自宅にお伺いしてお預かりする

場合もあります。この時は
お引き取りの際にお支払いお願いいたしております。
長距離の場合、ご都合上、勿論、ご郵送されてもけっこうです。




Q散骨後の供養はどうするのですか?
よくある質問です。お墓があればお墓にいって掃除したりお花を
あげる事もできます。
散骨したら物理的に出来なくなる・・
この様に遺灰を全て撒いた後で後悔したくありませんね・・

遺骨を全て撒くのではなく、粉骨した遺灰の中から
少しだけお手元に残しておき、きれいな容器に入れて自宅で
自宅供養という方法か、それをペンダントに入れておく
人がいます。
この方法によって後で自分で散骨も出来るし自分の棺にも
入れてもらう事も可能です。


Q自分は独り者ですが死後、自身の後始末を
 生前中に生前予約が出来るものですか?
 又出来なければ何か良い方法はありませんか?

お独りで身寄りもなくご自分の死後の後始末につ  
 いて年を重ねていく中、どうなってしまうのか?
 不安の毎日というお方もいらしゃると思います。
 永遠の空ではこの様なお方に対して

 「自分らしい旅立ち」を考えております
  (生前予約という言い方は出来ればしたくありません)   
  私共永遠の空では生前に於いて取り交わした
  「お旅立ちパスポート」に基づいて厳粛の自然葬
  を実施せせていただきます。


へのさんこつ供養 安心してご予約ください
さんこつ供養
    

      お問い合わせ

お電話時間:AM9:00~PM6:00
定休日  :日曜日
048-261-0504
mail:   08056901903h@gmail.com
https://www.sankotu-co-jp.net

埼玉県川口市在家町29-16北園弐番館ビル3F 301  
永遠の空  さんこつ供養       
金剛 岡田





       


       ※ 
ご予約、ご相談・・・
         お問い合わせのお客様は、下を
         クリックしてください。


岡田です。なんでもご相談してくださいね。お待ちしております。

法律をしっかり守りていねい、心こもった散骨をしています

海は誰もを受け入れてくれる。

山もきれいですね

お問い合わせ
当社は身内中心で親切丁寧をモットーにしています。